保育園・幼稚園業務を支援してくれるICTシステムを徹底比較!おすすめシステムをランキング形式で紹介します!

保育士が実際に感じているICTを導入するデメリットとは?

    


さまざまな場所でICTシステムが導入されていく中で、今後、保育園・幼稚園にもICTシステムが導入されていくかと思います。保育士の業務負担の軽減や円滑な保育園・幼稚園の運営のために必要不可欠になってくると予想されますが、実際にICTシステムを導入した場合、保育士にはどのようなデメリットが生じるのでしょうか?

保育園や幼稚園でICTを導入するデメリット

保育園・幼稚園でのICTシステム導入は保育士の業務の効率化アップや負担軽減などさまざまなメリットがあります。しかし、どんなものにもデメリットは存在します。保育園・幼稚園でのICTシステム導入でどのようなデメリットがあるのでしょうか?デメリットもきちんと把握したうえで、導入を検討しましょう。

■導入費がかかる

ICTシステムを導入するにあたり、今後経費削減はしていくものの初期投資は必要になってきます。何を導入するかで初期費用は変わってきますが、情報をタブレット端末で共有したいとなった場合、タブレット端末の数により、費用はかかってきます。クラスごとの導入が必要な場合は、タブレットの台数も増量してしまうでしょう。

■ICTシステムの理解と慣れ

普段からICTシステムに関わっていないと、ICTシステムの導入後、システムやソフトの理解が必要になってきます。タブレットや機械が苦手な人には慣れるまで時間と負担が生じます。

■トラブル時の対応

どんなものにもトラブルはありますが、機器トラブルが起きた場合にどのように対応するのか検討をしておく必要があります。システムの場合はサポートがついている場合もあるので活用するとよいでしょう。また、トラブル時のマニュアルや決まりなども決めておくと万が一の時にも安心です。

■環境の変化によるストレス

環境の変化によるストレスは周知しておきましょう。今までのやり方から変更するのに、嫌悪感を抱く人もいます。また、効率化のアップや利便性、業務負担の軽減ができるとはいえ、従来のやり方から変更するので心身的にストレスがかかることは把握しておきましょう。また、ICTシステム導入で作業をすることが難しい人にはフォローをするなどの対応が必要になります。

■ICTシステム導入の担当者の負担

ICTシステムの導入にあたり、担当者が必要になってくる場合があります。その場合にその担当者に負荷がいきやすくなってしまいます。普段の業務にさらに新しい業務となると心身共に疲労が蓄積されることが懸念されます。

ICT導入には大変なことが多い

ICTシステムを導入するには大変なことも多くありますが、メリットの方が多く、今後積極的に進められていくでしょう。

■デメリットをメリットに

デメリットをいくつか紹介しましたが、デメリットはあくまでも導入までの現段階のデメリットなので、今後ICTシステム使用していくうちにメリットに変わってきます。導入費の点は、今後経費の削減が図れるため、初期費用をまかなうことが可能です。

また、ICTシステムは理解するまでや慣れるまでは時間やストレスがかかるかもしれませんが、慣れてしまえば大変便利なシステムなので利便性の面でも評価が高く変わっていくでしょう。また、ICTシステム導入でかかるストレスは、ストレスの共有を行うとともに、その改善策を見つけ、話し合うことでストレスも緩和されていくでしょう。

また、いきなりICTシステムの導入を進めるのではなく、まずはトップやまとめ役、リーダーなどの主となる職員から導入の理解と作業内容の把握をすることでスムーズな導入とフォロー体制が実現します。その場合、他の業務とのバランスを考え、1人だけに負荷がいかないように業務の分散や複数人での対応など、配慮が必要です。また、トラブル時は専門家に相談する事や、システムサポートなどを利用していくと安心でしょう。

ICTを導入するときはどうすればいいのか

ICTシステムを導入する場合には、専門家やサポート体制のあるアドバイザーなどに相談しつつICTシステムの導入を進めるとよいでしょう。相談する場合は、保育園・幼稚園の現場をよく理解している職員も含め検討するとよいでしょう。

現場を知らない人のみでICTシステムの導入を進めてしまうといざICTシステムを導入したのに長所である、利便性や効率化アップが見込めなかったり、経費削減のメリットがなかったりと無意味な導入になってしまうため、必ず現場の声を知る、または知っている人の意見を組み取りつつ導入を進めていきましょう。

 

ICTシステムの導入はデメリットも存在しますが、メリットに変換できる事の方が多く、職員の業務負担、経費削減などよりよい効果が期待できるものになります。導入までは大変な作業になりますが、マニュアルを作成するなど、理解しやすい工夫が必要です。今回の記事を参考に、メリットとデメリットをきちんと把握し、導入を検討するとよいでしょう。また、専門家やアドバイザーに相談しつつICTシステムの導入を進めることでよりスムーズな導入が見込めます。