保育園・幼稚園業務を支援してくれるICTシステムを徹底比較!おすすめシステムをランキング形式で紹介します!

コドモンの画像
全国でもトップレベルの導入実績がある!

コドモンは、保育の現場で働く人たちの事務業務をICTによって効率化することで、働き方改革や保育・教育の質を向上する支援ができるシステムです。全国5,895以上の施設で導入されており、シェアは全国でもトップレベルとなっています。

また、毎月100以上のシステム改善を行っているなど、サービス向上のための取り組みがしっかりしているのもコドモンの強みだといえるでしょう。利用者数が多いからこそ、たくさんのフィードバックを得られ、それを機能改善へ活かすことができています。

コドモンの基本情報

導入実績 5,895以上の施設
毎月100以上のシステム改善を行っている
問い合わせ 問い合わせフォーム・チャット
※電話は無し
会社概要 株式会社コドモン
【東京本社】
〒108-0073 東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
TEL:03-6459-4318


会社情報


会社名株式会社コドモン
設立2018年11月
代表者小池 義則
資本金68,250,000円
事業内容幼保施設向けICTシステム「コドモン」の運営、写真販売サービス「コドモンプリント」の運営、決済代行サービス、子育て支援サービス、発育・発達・教育に関するビックデータの分析・研究、幼保施設向け採用支援サービス


作業効率を上げるための機能が豊富


コドモンの画像2コドモンには、施設運営をそれまでより圧倒的に効率よく行えるようになる機能が数多く搭載されています。なかでも特に重要な機能について解説するので、ぜひ確認してみてください。

●入退室の管理
ICカードやタブレットを使って、子供の入室・退室時間を正確かつ簡単に記録できます。表に手書きで時間を書いたり、Excelシートなどに手入力をしたりしなくてもよくなるため、非常に便利です。

加えて、そのことによって出席簿の自動作成やExcelへのエクスポートなども容易になります。さらに、保護者への自動通知や延長保育料の自動計算なども行えるため、コドモンを導入すれば、入退室に関する業務全般が見違えるほど楽になることでしょう。

●書類の作成業務
指導計画や日誌、自治体提出書類など、保育の現場ではさまざまな書類を作成・保管しなければいけません。しかし、そうした書類はかさばってしまうことや、こまめに整理しておかないといざという時に見つからないということになってしまいかねないのが実情です。

コドモンなら、そういった書類はペーパーレス管理をすることができます。保育園や認定こども園に対応した3,000以上の文例も存在するため、作成にかかる時間もかなり短縮することが可能です。

そして、書類の承認を対面でなくともできるようになるというのも大きなメリットでしょう。タブレットなどで書類の内容を確認できるので、直接手渡しせずとも書類の承認が行えるようになります。

●保護者連絡
日常的なお便り、連絡帳、写真などを、アプリによって保護者に配信することが可能です。このことにより、伝達漏れを防ぎ、保護者とのコミュニケーションをより円滑に行うことができるようになります。

また、緊急時の保護者連絡も、テンプレートを使用して迅速に行えるようになっています。逆に保護者から施設への連絡にも対応しているため、連絡帳の提出・出欠席の連絡・延長保育の申請などに利用可能です。
コドモンの画像3

どんな機能を使うのかによって料金が変わる


コドモンは、どのような機能を利用できるようにするのかによって料金が変わります。つまり、どういったオプションを申し込むのかが、料金に大きく関わってくるということです。

しかし、どれだけたくさんのオプションを申し込んでも、初期費用は一切かかりません。とはいえ、PCやネット環境がない場合は環境を整えるためにいくらかコストをかけなければいけないので注意しましょう。

人気なのは、月額5,000円ほどで利用できるプランです。保護者への連絡機能や職員台帳といった最低限の機能がオプションとしてついているだけのプランではありますが、それだけでも業務効率はかなりアップすることが見込めます。

月額16,000円ほどで利用できるプランも人気です。保護者への連絡機能に加え、発育・健康記録機能や登降園/入退室管理機能、保護者請求機能などが利用でき、ほぼすべての事務作業がパソコンやタブレットなどで行えるようになります。

そして、月額30,000円ほどのプランも上記2つと同じように人気があります。これだけの料金となると、コドモンのほぼすべての機能が利用できるため、園に関するあらゆる業務が感動的なほど効率化することでしょう。

ちなみに、初期費用がかからないと説明しましたが、施設の状況に応じて初期サポートを受けることもできます。あまりパソコンなどに強い人がいないという場合は、お願いするのがおすすめです。

また、一体どういった機能をオプションとして選ぶのが最適なのか判断するのが難しいという場合もあるでしょう。そうした場合、最適なプランを提案してもらうこともできるため、ぜひ一度問い合わせてみてください。

利用開始までの流れ


コドモンの画像4コドモンはインターネット環境やPCがあればすぐに利用を始めることができます。クラウド型のサービスとなっているため、ソフトウェアのインストールなどは不要です。

利用を開始したいということになったら、まずはWeb上のフォームから問い合わせて、プランを決定しましょう。専門のICT推進チームが他施設での導入事例をもとに最適なプランを提案してくれるので、どのようなプランにしようか決めかねている状態でも問題ありません。

プランが決まれば、申し込みに移ることができます。申し込むと、最短で当日にアカウントを発行してもらうことができ、最大45日間無料という恩恵を得ることが可能です。

その後は、導入サポートチームによって、サービスの初期設定や必要機材の調達、職員への説明などが行われます。1ヶ月ほどテスト運用をして運用方針を決めるということもできるので、可能であればそうするのがおすすめです。

機能の確認や運用方針の決定が完了すれば、いよいよ本格的な運用ができるようになります。本格運用を開始してからも、疑問点などがあればカスタマーサポートチームに対応してもらえるので安心です。

まずは「詳細資料のダウンロード」をしてみよう!


コドモンについての資料は、公式サイトからダウンロードすることができるようになっています。必要事項をいくつか記入すれば申請可能なので、今回紹介した以上に詳細にわたってコドモンについて知りたいという人は、ぜひ申請してみてください。

また、45日間無料でお試し利用できるようになっているので、興味を持った人はとりあえずお試し利用をしてみるのもおすすめです。実際に使ってみることで、コドモンの便利さを実感できることでしょう。