保育園・幼稚園業務を支援してくれるICTシステムを徹底比較!おすすめシステムをランキング形式で紹介します!

キッズビューの画像
誕生から10年以上。全都道府県に導入実績がある安心のシステム

キッズビューは、保育業界でいち早く開発された保育業務支援システムで、2017年にASPIC IoT・クラウドアワードを受賞しています。現場の声を丁寧に汲み取っているからこその、操作性・実用性の高い機能がたくさん搭載されおり、保育業務サイクルを全面的にサポートし、保育の質を向上させることができるシステムです。

また、キッズビューの企画発行には保育園や幼稚園などで働いている人々から熱心にヒアリングを行っていると評判です。キッズビューは、そうした現場に寄り添った努力が反映された、非常に便利なものになっています。

キッズビューの基本情報

導入実績 10年以上の稼働実績、全国数千園の導入実績。
稼働率99%以上のクラウドシステム。
問い合わせ 電話・問い合わせフォーム
TEL:0749-52-5239(9:00~17:30・平日のみ)
会社概要 日本ソフト開発株式会社
【本社】
〒521-0015 滋賀県米原市米原西23
TEL:0749-52-3811(代)
FAX:0749-52-3804


会社情報


会社名日本ソフト開発株式会社
設立1972(昭和47)年2月
代表者代表取締役会長 藤田 義嗣
代表取締役社長 蒲生 仙治
資本金1億9000万円
従業員数137名(2020年5月現在)
事業内容自社パッケージ商品の開発・販売各種ソフトウェア設計・開発各種コンピューター/ネットワークのSI事業上記関連分野のサービス事業


キッズビューの革新的な特徴


キッズビューの画像2キッズビューのおもな特徴について紹介します。これまでにはなかった革新的なものばかりなので、要チェックです。

●スマホ感覚のシンプル操作
画面上に並んだメニューアイコンをクリック、またはタッチするだけで操作をすることができます。スマホと遜色のない操作性なので、どなたでも問題なく操作できることでしょう。

職員のなかにはパソコン操作がどうしても苦手だという人もいることと思います。そういった人でも、直感的に操作できるキッズビューなら使いこなせることが見込めます。

●パソコンでもタブレットでも操作可能
業界初のiPad対応クラウドシステムなので、複数台で同時に使用可能です。玄関や保育ルーム、職員室など、時間や場所に関係なく操作を行うことができ、業務効率を格段に上げることができます。

おすすめなのは、音声入力機能を使うことです。音声入力を使用すれば、両手がふさがっている状態でもパソコン業務を行えるため、さまざまな作業を同時並行でこなすことも夢ではありません。

●万全のセキュリティ対策
24時間365日体制の監視などによって、業界でもトップレベルの安全性・信頼性を実現しています。地震や台風、火災に洪水といった自然災害への対策もしっかりされているため、万が一の事態に陥ってしまった際も、大切な子供たちや園の情報が損なわれてしまうことはありません。

●豊富な文例・テンプレート
新要綱や新指針に対応した豊富な文例やテンプレートが用意されています。個人記録や保育日誌、指導計画などをゼロから作り上げなくてもよいので、特に新人の保育者にとってはとてもありがたい部分だといえるでしょう。

●園児の個人記録も一元管理
園児の成長記録や身体測定の記録といったひとりひとりのデータを一元管理することができます。また、グラフが自動で作成されるので前月と比較できる、児童票に添付できるなどの機能もついており、ただデータを管理するだけでなく、そこから発展させて他の業務へ活用できるのも便利なポイントです。

●アフターサポート
不明な点があれば、いつでもサポートセンターに対応してもらうことができます。現場で活躍する多くの人の声が反映された無償のバージョンアップも随時行っているほか、FAQや動画マニュアルも充実しているので、導入後さらに便利になっていくことも期待できるでしょう。

現場の声をもとにした便利機能


キッズビューの画像3キッズビューには数えきれないほどたくさんの便利な機能が搭載されています。ここでは、それらの機能をいくつかの種類に分けて紹介するので、ぜひ確認してみてください。

当然、紹介しきれないその他の機能も非常にたくさんあります。興味がある人は、公式サイトを見るか、問い合わせてみるのがおすすめです。

●園の運営
園全体の状況を把握して、運営に役立てるための機能として、園全体とクラス別の出欠状況が一目で分かるというものがあります。このことにより、いちいち各クラスを担当している職員に聞いて回ったりせずとも出欠状況が確認できるので、事務作業などにかかる時間を大幅に短縮することが可能です。

また、アレルギーや予防接種、かかりつけ医、緊急連絡先の一覧もすぐに表示できます。この機能は、作業時間を短縮できることはもちろん、場合によっては子供の命を救うことにもつながるため、キッズビューに搭載されている機能のなかでも最も素晴らしいものの一つだといえるでしょう。

●日々の記録
検温やミルク、食事や排せつ状態などの記録は、連絡帳添付票として印刷することができます。紙のファイルなどに記録していると、それぞれのデータが書かれた紙を探してそれをもとに票を作り上げなければいけませんが、この機能があるおかげで、キッズビューを導入している園ではそうした手間は不要です。

さらに、欠席者名は保育日誌に自動で引用されます。しかも、個人の経過記録の内容は保育日誌に連動できるので、ここでもかなりの作業時間削減が可能です。

 

キッズビューを導入するメリットについて


キッズビューの画像4キッズビューを導入することには、さまざまなメリットが存在します。まず代表的なこととして挙げられるのが、使えば使うほど園のノウハウが蓄積され、保育者同士のコミュニケーションが活発になるということです。

さまざまなデータを保育者全員で共有するのがとても楽になるからか、キッズビューを導入した園では、保育者同士でアドバイスをし合ったり、気付かなかったことを教え合ったりといったコミュニケーションが導入前より盛んになるようです。また、使っていくほどにそれまで存在していた業務のムダが削減されていくので、あらゆる業務において最もよい方法はどういったものなのかというノウハウがどんどんと蓄積されていき、結果として保育の質がかなり向上することも見込めるといいます。

また、保育業務支援システムのなかにはスマホアプリとしてリリースされているものも存在しますが、そういったタイプのシステムは不具合が多いことやスマホの買い替え時に再インストールが必要といったデメリットがあります。しかし、キッズビューはアプリではないため、そのような問題とは無縁だというのも、大きな強みだといえるでしょう。

そして、一見安価に見えて実はオプションなどによってかなり高額になるといったような、危険な商法を行っていないのもキッズビューのよい点です。日本ソフト開発株式会社は、保育業務支援システムの他にも多くのシステム開発や運用保守を行っている、創立から50年以上という長い歴史を持つ会社なので、価格の面でも信頼性は高いものとなっています。

まずは「見積もり依頼」をしてみよう!



キッズビューはICTの補助金が利用できるため、コストのことを考えると導入にはあまり積極的になれないという方も、ぜひ一度見積もり依頼をしてみてください。想像よりもはるかにお得に導入できるかもしれませんよ。

また、ユーザー向けの無料相談会なども実施しているようですので、導入後の支援が手厚い点も見逃せません。

見積もり依頼は、公式サイトの専用フォーム、もしくは電話によってすることができます。資料請求や訪問での説明も受け付けているので、より詳しくキッズビューについて知りたいのであれば、申し込むのがおすすめです。


キッズビューを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!





学校法人博多学園 幼稚園グループの事例

Q.「キッズビュー」の機能の中で、特に気に入っていただいているものがあれば教えてください。
A.やはり、導入前は職員にとって大きな負担になっていた、指導要録の作成と出席簿の集計が簡単にできる機能ですね。どちらも業務時間の大幅な短縮を叶えてくれました。出席簿は日々の出欠状況を入力しておけば、月末にボタンをワンクリックするだけで自動計算してくれるので、早い上に正確。手計算・手書きしていた頃が懐かしいです(笑)。指導要録については、所見欄に入力する文章のひな型があらかじめ用意されているのもいいところだと思います。評価基準が園全体で統一できますし、若手の先生も表現に悩むことなくスムーズに作成を進められますから。

Q.改めて「キッズビュー」の導入効果をお聞かせください。
A.事務作業の効率化が実現したことで時間に余裕が生まれ、本来の仕事である子どもたちの教育・保育や保護者様とのコミュニケーションに集中できるようになりました。ちなみに今はほぼ、全員残業ゼロの状態です。園児の情報や各園の取り組みを、法人としてタイムリーに共有できるようになったことも効果は大きく、園同士の連携強化や教育・保育のレベルアップにつながっていると考えています。「キッズビュー」を導入して本当によかったです。

Q.「キッズビュー」および日本ソフト開発にご期待いただいていることについてお聞かせください。
A.「キッズビュー」は、進化し続けるシステムであることも魅力だと思っています。貴野さんにお越しいただくと、私たちはいつも「こういうことができたらいいな」「この機能がこんな風になったら、もっと便利になりそう」などとリクエストをするのですが、システムの無償バージョンアップの際に反映されていることが多くて驚かされます。聞けば、当園だけではなく、全国の幼稚園や保育園、こども園の皆さんのリクエストが反映されているとのこと。こうした現場視点の対応は今後もぜひ続けていただいて、「キッズビュー」がもっともっと使いやすくなることを願っています。




引用元:https://kids.nihonsoft.co.jp/


→残業が常態化していたという学校法人博多学園 幼稚園グループ。キッズビュー導入後は手計算や手書きの作業がなくなり、残業がほぼゼロになったそうです。また、グループ内7園で導入したことで、各園の情報や取り組みを法人としてタイムリーに共有できるようになり、園同士の連携強化や教育・保育のレベルアップにもつながったと感じてるとのこと。

キッズビューでは、法改正や機能の追加など定期的に無償のバージョンアップが実施されますが、実際にリクエストした内容が反映されていることにも、現場のスタッフの方は驚いているようです。このような現場の声を大切にする対応は、利用満足度の向上はもちろん、システムや担当者への信頼感にもつながりますよね。

学校法人博多学園 幼稚園グループのように、残業が常態化している事業所や、グループ同士の連携強化を図りたいと考えている事業所の方はぜひ、キッズビューの導入を検討してみてはいかがでしょうか。



川西こども園の事例

Q.「キッズビュー」の使い心地はいかがですか?
A1.パソコンが苦手なんですけど、1回教えてもらっただけですぐにできるようになりました。動物やお花のかわいいアイコンがたくさん出てきて、楽しく作業ができるのもポイントですよね。それと、タブレットで場所を選ばずに使えるのが便利。保育日誌などは、子どもたちのお昼寝時間などを活用して効率よく作業ができます。園児一人ひとりの身体測定記録も、「キッズビュー」を使うことで一元管理できるようになりました。前月より身長・体重が減っていたりすると、画面の色が変わって教えてくれるのも便利な機能です。
A2.私は指導計画や要録の作成時に、あらかじめ用意されている文例を参照しながら文章をアレンジできるのが助かっています。自分でゼロから文章を考えるとなると、今のようなスピードでは作業できないかも。
A3.手書きの頃は、何回も書き直したり、手が止まってしまったりして時間だけが過ぎていく・・・ということがあったのを思い出します。字を丁寧に書かなくちゃとか、決められた枠の中に文章をバランスよくおさめなくちゃとか、そういうことも考えないといけませんでした。「キッズビュー」を使えば、言葉の言い回しに悩むこともないし、文章量に合わせてレイアウトや文字の大きさを自動で変えてくれるので、見た目もきれい。手書きにはもう戻れないです。
A4.文例が用意されているのは、実は新人の先生方を指導する立場にとってもありがたいんです。「キッズビュー」を使うことで「指導計画や要録のスムーズな書き方のポイントやコツ」を各々が自然な形でマスターできるので。園オリジナルの文例を追加できるのもいいところだと思います。それから、法人内では当園が初めて利用している、こども園専用の料金計算メニューも便利で使いやすいと担当者から聞いています。

Q.「キッズビュー」の導入効果について、お感じになっていることを教えていただけますか?
A1.手書きの事務作業が大幅に減って、私たちの本来業務である「子どもたちと向き合う」ことにより集中できるようになったと感じています。「明日はどんな遊びをしよう」「季節の製作は何にしよう」「今度の行事はどうやって盛り上げよう」という風に、楽しいことをどんどん考えられる時間と心のゆとりが生まれました。
A2.園児一人ひとりの発達プロセスや、クラス全体としての保育状況、先生の思いを、園全体で共有できるのも大きいですね。「こういう時は、こんな風に声かけをするといいよ」とアドバイスしたり、「先生のクラスの○○ちゃんが、こんなことをしていたよ」と気づかなかったことを教え合ったりと、保育者同士のコミュニケーションが以前にも増して活発になりました。結果として、保育の質向上につながっているという確かな実感があります。




引用元:https://kids.nihonsoft.co.jp/


→キッズビューはあらかじめ文章例が用意されているので、文章を考えるという無駄な時間が削減でき、効率よく仕事をこなすことができます。字をきれいに書くとか、決められた枠の中にバランスよくおさめるなどのストレスからも解放されるため、スタッフの精神的にも余裕ができるでしょう。

そのような時間的・精神的余裕が生まれるおかげもあり、子どもたちと向き合うという本来の業務に集中できるようになったとのこと。保育の質向上やスタッフ同士の連携強化は、キッズビューを利用している方の多くが感じている導入効果です。